記事一覧

<カラダラボ>もうすぐ春ですよ~

ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpg

札幌はまだまだ雪が残っていますが、
優しい日差しに春を感じるようになりましたね。

先月オープンしたカラダラボでは、
楽しく運動されているお客様とスタッフの笑い声が
響きわたっております。

長い冬の間は家に閉じこもることが多く、
どうしても筋力が低下してしまいます。
体が思うように動かなくなると、心も滅入りがちに・・・。


そろそろ、植物も芽吹き、動物も目を覚ます季節です!


カラダラボではおひとりおひとりに合った
無理のない楽しい機能訓練をご提供しています。


少しづつ体を動かして
素敵な春を迎えましょう☆

無料体験は随時募集しております!!


                「介護職員・落野聖子」

「カラダラボ」白石平和通 2月15日オープン !!

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpg

2013.02.17 Sunday

札幌は、金曜の夜から大雪で既に積雪量が1メートルを超えたと、ニュースで報じられていましたが、昨日と今日と朝の雪かきでくたくたです。

ところで、15日の金曜日に「アルスタウン」の1階にリハビリ特化型デイサービスの「カラダラボ白石平和通」がオープンいたしました。

オープン前には、写真にありますようにお客様(入居者様)や住宅近くの「アルス倶楽部」会員の方が体験をされました。

現在、スタッフは私、佐藤(カラダラボ管理者とアルスタウン館長兼任です)を含め5名(女性4名)です。

1ケ月後には、現在研修中の男性1名(機能訓練士)が加わり、より一層充実したスタッフでお客様(ご利用者様)をお迎えし、常に「感動」と「印象」に残る「カラダラボ」造りにスタッフ一丸となって励みたいと想います。

今後ともよろしくお願いいたします。

なお、詳細は同ホームページをご覧ください。


     (館長 佐藤吉治)

「カラダラボ」を紹介する、その前に!

2012.07.28 Saturday

昨日、「カラダラボ」について紹介させて頂きましたが、これについては、いきなりの説明で紹介する主旨が不明とのお叱りをいただきました。
これを踏まえ先ず「サービス付き高齢者向け住宅 アルスタウン」のご案内からはじめたいと思います。

当住宅は国土交通省と厚生労働省とが取り組みをした新しい形態の高齢者向け賃貸住宅になります。従来の高齢者向け賃貸住宅と同様の高齢者専用の住宅であり、ご希望により生活に必要な各サービス(食事、在宅介護、在宅医療)はもちろんのこと、24時間の中で当スタッフによる入居者の状況把握と生活相談を常に心がけ、安心・安全をモット―に運営されています。
6階建てで、2階〜6階が居室(1フロアー 10室)で50室ご用意しており、1階が「生活支援事務所」・「ケアプラン、訪問介護、ディサービス事務所/むく」・「食事サービス事務所/かまらーど」と共に、紹介致しました「リハビリー型ディサービス/カラダラボ」がございます。
このように、「カラダラボ」は介護支援する施設の名称です。

これで少しは、又何となくおわかり頂けたでしょうか。これからも、「カラダラボ」については紹介させて頂きます。

                 (館長   佐藤 吉治)

「カラダラボ」の紹介

2012.07.27 Friday

「カラダラボ」ってなに?。正直言いまして、私も最初何のことか見当もつきませんでした。
「体に関する何か」ぐらいは想像できるかと思いますが、説明しますと軽度の介護認定者に対象を特化した、3時間機能訓練特化型のディサービスをいいます。

他のディサービスと何が違うかといいますと入浴、食事はありません。身体機能の回復、向上に効果的なストレッチ、筋力トレーニングの指導や、実践を主体とした介護予防をめざしたサービスを提供するところです。

これでもあまり理解できない方には、次回もう少し具体的に説明させて頂きます。
   
                    (館長  佐藤 吉治)

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

カレンダー

2019年7月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

ログ検索

キーワード

過去ログ



トップページ | アルスタウン 住宅のご案内 | サービスのご紹介 | アルス倶楽部について | ご利用料金 | お問い合わせ | アクセス